FC2ブログ

進捗状況

2014年09月04日 22:15

進捗状況

ijpiojkl;j

上半身の荒彫りが結構進んだので足と土台部分の材料を用意した。
結構スムースに進んでいる感じ。

明日5日から日曜日まで11回目となるseboneが始ります。
今回は不参加の予定でしたがなんとなく押し切られた形になりちょっとだけ参加することになありました。
新作を造る事出来なかったので昨年の作品を、出品します。
3日間ちょっとずつ設置場所が移動する予定です。

メインとしては日曜日にワークショップとして自分の指を型取りをするワークショップを行います。

ワークショップ 「今この瞬間を切り取る」

材料費として200円ほどかかりますが指型はお持ち帰りになれます。

↓のバクが若干移動します。

qpomqp.jpg


評判の高かったゲーム「LAST OF US」をプレーした。
評判の高い理由が分かる。
メタルギアシリーズがゲームで映画を造りたいのに対して、LASTOFUSは映画がゲームになった感じ。
二つは似ているようでまったく違って、クリアした後の余韻が物語っていると思う。

ぜひやってみてください。PS4版も出たことですし。





終了しました。

2014年05月19日 21:54

昨日18日をもちまして日彫東海展が終了しました。
ご高覧頂いただ、きありがとうございました。

次回は北陸展です。
5月31日~6月5日まで富山市民プラザで開催されます。

北陸展の前に小さなグループ展をおこないます。

第14回G.A.M展

5月21日~5月25日
会場 豊田市美術館ギャラリー

首像を出品します。入場無料ですのでこちらもお時間ある方は是非。




pareif.jpg


日彫展開催中

2014年04月21日 23:17

4月19日~30日まで東京都美術館で第44回日彫展が開催されます。

今回私が出品した作品「夜の鳥」が日彫賞を頂くことになりました。

賞を頂いたので今回の作品は愛知と富山に巡回いたしますのでより多くの方にご高覧頂けるかと思います。

そんな日彫展の会場設営やパーティーなんかで木曜から東京に行ってきました。

17日は会場設営を行った。 今回東京へ初めて深夜高速バスを使ってみた。
普段6時間とか睡眠に当てている人は睡眠不足になったりするんだろうけどショートスリーパーな自分はそんなに苦じゃなかった。
唯一の問題は朝早く到着しすぎるという事。やる事がなさ過ぎて途方に暮れる。
仕方がないので朝風呂を浴びようと銭湯へ。
話には聞くが江戸っ子は本当に熱い風呂に入るんだな。熱くて体が真っ赤になる。

設営が終わると恒例の打ち上げ。普段は他の地方だったり年齢が違ったりして話す事がない先生方とも打上げではフランクに話せるので本当に有意義な時間になる。

18日は何もなかったので知り合いとランチをしていろんな人の近況を話したり、たまには会ってみるもんだと。
その後鈴本園芸上に落語を聞きに行った。

演目は覚えているので言うと、「鷺とり」「転失気」「時そば」あと創作落語の「爆笑龍馬伝」

raeq5ll.jpg

時そばと爆笑龍馬伝が面白かった。








19日は勉強会とパーティー。
午前中に科学博物館と西洋美術館をまわった。



aoekepa.jpg


帰りも高速バス。
女子中高生ばっかりでスーツ姿の自分は完全に引率の先生だな。

渋滞

2013年11月09日 23:29

彫刻を初めて20年。
長い事敬遠して逃げ回っていた事を克服する時が来た。

絵が極端に苦手だ。
レリーフなんかの図案しかり立体物の設計図的なものに至るまで上手くできない。
完成イメージはできているので経験と雰囲気でカバーできるので実質不具合が出るわけではないけれど、
描けたほうが作業スピードも速くなるし施主への説得力も段違いだ。

展覧会作品もデッサンが描けるとより一歩深く考察できるのではとうすうす感じていたが出来ないという現実を直視することに対してあまりにも時間がたち過ぎていた。

今回の日展の作品の不出来具合に心底げんなりして弱っていたので素直にできないという事を受け入れられた。

そんなこんなで初めてのデッサン会に参加することになった。

鉛筆もデッサン仕様に削り準備万端で会場に向かう。

が高速で事故渋滞。間に合わず。丁重に参加出来ない旨を告げ前の車のブレーキランプを見つめ続ける。
出鼻をくじかれた空虚感から仕事に戻る気にもならず寄り道をすることに。

kryulr.jpg

「反重力 浮遊│時空旅行│パラレル・ワールドAnrigravity」

現代アートは突き詰めていくと科学技術と相当の領域で被っていくのだろうと以前から感じていたが、やっぱりそういう風になっていくのかというのが素直に感じた事。
科学の事がわからなくても感嘆することがあるように現代アートもそういった感じ方で良いんじゃないかと最近は特に思う。
そうすると肩肘張らなく楽に接することが出来面白い。

dhsrtje5.jpg





次回リベンジだ。



木という素材に押し切られた。

2013年10月27日 01:06

今年の日展も無事入選することが出来ました。
本来なら入選したくらいじゃもういけないところなのですが、作品の素材である木をなんとか力技で制し様としたけれど逆に跳ね返された感が強かったので落選もあるのかもと思っていたのは間違いなかったので一安心。

結果からみると入落線上にはなかったのですが、今回はここ何年間の中で一番よくないのは間違いない。
もっと真摯に時間をかけ向き合わないと作家としてはゲームセットだな。これは。

色々な葛藤の中で制作し跳ね返された作品も展示される、第45回日展。
11月1日~12月8日まで国立新美術館で開催されます。

東京近郊の方はご高覧頂ければと思います。
年明けには名古屋にも巡回してきます。 東海地方の際は是非。

31日はオープニング。 今回は東京で何しようかな。

最近の記事