FC2ブログ

信頼性

2013年07月19日 23:38

長い事放置していた充電式ドリルドライバのバッテリーが充電できなくなっていた。

替えの充電器を買おうとチェックしてみると意外と高い。
リユース品でもそこそこの値段。

仕方がなかったので海外の互換バテリーを購入。
使用頻度が多い人は純正の新品を購入する事をお勧めしますがほとんど活躍する事のない私のような人は信頼性に目を瞑って中国製を使ってみる。
最近のトピックで中国製品の表記を"made in china"から”made in PRC"に替える動きが出てきたそうでCHINAという文字はそれほどまでに信頼性がないのか。 粗悪だろうと値段相応の価値はあるので問題ないんじゃないかな。命にかかわる事じゃなければ。

彫刻教室の生徒の保護者さんからうなぎパイを頂いた。
久しぶりに食べてみたところ思ってた以上においしい。

記憶の中ではもっとしっかりした硬さで甘さが結構強い気がしていたけれど、サクサク感が非常に強い。
変なスイッチが入らないとなかなか甘いもの系を食べる事が無い自分にはこういった心遣いは大変うれしい。

5wtwfg.jpg



まだまだ続く読書月間。



神去なあなあ日常 (徳間文庫)神去なあなあ日常 (徳間文庫)
(2012/09/07)
三浦しをん

商品詳細を見る


お仕事小説。
山への畏敬の念、風習などを織り交ぜながら都会育ちの青年が徐々に山に受け入れられていく様を追った小説。


何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)
(2012/02/17)
中村 文則

商品詳細を見る


ずーっとグレーな世界の中に何を見出すのか。この作品にグロを足していくと花村萬月のグレーに近くなる気がする。


オレたち花のバブル組 (文春文庫)オレたち花のバブル組 (文春文庫)
(2010/12/03)
池井戸 潤

商品詳細を見る


以前紹介した「オレたちバブル入行組」の第2作目
読み始めて気がつく。主人公の名前「半沢直樹」 今クール期待できるドラマのタイトルだ。
ドラマ見ていないので見てみようかと思う。




もう少し読書月間は続きます。




日展用の楠を買った。セリで買ったので非常に高い。頑張らないとまったくもとがとれないぞと。


スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studio575.blog21.fc2.com/tb.php/652-bbfff91a
    この記事へのトラックバック

    最近の記事