FC2ブログ

突き詰めていくとシンプルになる2

2005年08月31日 22:02

持論というか論ずるまで昇華していないが彫刻とか絵画などの所謂美術作品というものは作者の心やメッセージを表現する為の媒体であって簡単に言えば最小のメディアの言っていいと思う。
思いを相手に伝えるためのツールとしてのメディア。
メディアとしての美術作品をみた場合私が使っている彫刻というものは絵画・映像・写真などと比べるとメディアとしての認識領域が狭く、多くの人に引っかかりにくいというマイナスの要素があります。端的に現れているのは公募展などで鑑賞者の一作品に対する時間が極端に短く人の流れが速い。 
では彫刻のプラスの要素とはいったい何なんでしょうか。
多くの人には引っかからないが引っかかる人には作者の思いなどの情報が余すことなく伝わるということだと思います。骨太なんです。多分。

ここまでは彫刻というものの在り様について話しましたが、このメディアとしての彫刻をふまえたうえで「なぜ裸なのか」について話していこうと思いますがそれはまた明日か明後日にでも。
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studio575.blog21.fc2.com/tb.php/6-98393ad5
    この記事へのトラックバック

    最近の記事