FC2ブログ

胴体の木取り

2012年03月16日 23:44

足の彫刻も完成して、次は胴体の造形に移ります。

一年以上前に直径50センチくらいの楠を半割にして放置していたものを使用。

通常寄せ木作りとかでは体幹正中矧ぎで行うのが間違いないのだけれど、若干材料が心許無いので、4つの材で寄せ木することにした。

ここで問題なのが矧ぎ合わせの面の精度。
大型のプレーナーとかがあれば問題ないけれど、当然そんなものはなく、頼むにしても濡れた材の加工は嫌なものであるので、自力でそこそこの精度までもっていくことに。

まずルーターを使って大体の面一を出す。その後鉋で調整。

アトリエが粉まみれになって不快な事。

120316_2148~01

粉じんと楠の匂いでマスクをしても鼻水がとまらない。
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studio575.blog21.fc2.com/tb.php/593-e960f755
    この記事へのトラックバック

    最近の記事