FC2ブログ

発券機

2011年03月30日 22:01

午前は仕事の打ち合わせで岡崎へ。
距離的にはそんなではないが道路状況が不確かで意外と時間がかかるので電車で向かう。

乗車券の券売機の前でもたつく客がちらほら。
仕様を変えたのかmanacaのせいなかなかスムーズじゃなくギリギリな時間だったので少しイラつく自分。
ギリギリなのは自分のせいなのに寛容さの無い自分に少しへこむ。





借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫)借金取りの王子―君たちに明日はない〈2〉 (新潮文庫)
(2009/10/28)
垣根 涼介

商品詳細を見る


(2)と明記してあるのに(1)を読まずに読んでみた。

リストラを代行する会社でリストラを促す面接官 村上。
建材系の団体の長の年上の村上の彼女  陽子。

二人の関係を中心にリストラの被面接者の間で物語が進む作品。

個人的にはもう少し被面接者の内面が重厚に表現されていれば村上と陽子の少し軽い感じの内容との対比が出てもっと面白くなったかとは思う。








今日8時 具象彫刻の先駆者でもある彫刻家、佐藤忠良氏がお亡くなりになりました。

彼の作品には2003年に卆寿記念の展覧会が豊橋美術館に巡回してきた時に触れさせてもらいました。
自ら粘土職人といわれるほど職人というものにシンパシーを感じられていたのか作る作品も市井の人達の中に美を探求した作品が多く、女性像などのみずみずしさは素晴らしいものでした。


今日は久しぶりに佐藤忠良の図録をひっぱりだし98歳という長寿を全うした偉大なる職人の足跡をたどってみました。




スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studio575.blog21.fc2.com/tb.php/542-323bdc04
    この記事へのトラックバック

    最近の記事