FC2ブログ

次の展覧会用

2011年02月10日 22:02

次の日彫展用の楠の丸太を買った。

446468.jpg

使うのは奥にある末口が60センチくらいのもの。
左の末口が4又くらいに分かれているモノは本来必要なかったものだが、競りに出した人がついでに競りおとしてほしいとのことでついでに競り落とし田という事。
大きな頭身の像はつくれないけれど小物用には十分な容積。
値段も奥のモノの半額以下なのでついでに買っときました。

材料の楠のストックは十分すぎるほどあるけれど材木屋さんには無理ばっか言っているのでこういうのも大事かな。

楠を消費することも考えてお椀とか拭き漆仕上げで作ってみようかな。






日中韓 歴史大論争 (文春新書)日中韓 歴史大論争 (文春新書)
(2010/10)
櫻井 よしこ、劉 江永 他

商品詳細を見る


中国、韓国には理を尽くせば治まるということは永遠に無いように感じる。

「歴史は勝者が創る」とはいうけれど日本は中韓と比べれば歴史というのは過去の蓄積といった比較的に客観的なモノを指すのだとは思うけれど、中韓に至ってはイデオロギーの補完の要素が色濃く出ていると、歴史認識の共有など望めるべきではないのかな。

ディスカッション形式の本書はそもそもの歴史感が違うので不毛な議論にはなってしまうけど、中韓の心持を知るにはなかなか良い本だと思います。
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studio575.blog21.fc2.com/tb.php/534-1cfbda4c
    この記事へのトラックバック

    最近の記事