FC2ブログ

懐かしい顔ぶれ

2010年09月13日 22:26

日展の制作をちゃんとやらなければいけない時ほど急な仕事が入ったりしてなかなか思うようにはいきません。

そんな中ここ最近懐かしい人が訪ねてくることがあった。
一人は高校の同級生。 15年ぶりくらい。
もう一人は以前何度かアトリエに遊びに来ていた女子高生。 5年ぶりくらい。

色々みんな変化がある中相変わらず自分は木を彫っているだけ。
何もしていないから変わらずなのか、必死でもがいて現状維持の変わらずか難しい。


なんか逃避癖が湧いてきた。
夏も終わるそうで終わりゆく夏の幻想を追いかけたく懐かしい曲に逃げ込んでみた。



曲の中で出てくる梶井基次郎の本を買っってみた。
たまには近代モノの古典ぽい奴もいいのかも知れないのでセレクトしてみた。


梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫)梶井基次郎全集 全1巻 (ちくま文庫)
(1986/08)
梶井 基次郎

商品詳細を見る


忙しくなればなるほど睡眠時間を削ってまでして本を読みたくなる。
これも逃避行動の一つなのでしょうが仕方ないです。




スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studio575.blog21.fc2.com/tb.php/499-757ae34d
    この記事へのトラックバック

    最近の記事