FC2ブログ

戻ってきた片口

2009年06月25日 21:54

以前の記事で紹介した片口が品良くなって戻ってきました。
塗りの具合は100点満点とはいかないながら面白く仕上がったと思います。

090625_2107~0001

漆といえば朱・黒が本流ですが、朱合漆に顔料を混ぜるといろいろな色漆を作ることができます。

今回使った白漆というのは酸化チタニウムという顔料を混ぜることによって、正確にいえば純白というわけではなくカフェオレ色の色がでるわけです。 
この白漆の登場は漆界の革命的な発見で後に新しい色の漆の素地をつくたといっても過言じゃないと思います。

特徴としては他の色漆より時間の変化で色が変わるのが楽しめるということです。
写真の白漆は出来立てホヤホヤなんで朱合の色が前面に出ていて茶色ですが、時間とともにチタニウムの白が前に出てきて白さを増します。

ちなみに内側は黒拭き漆仕上げで木目がいいかんじに出ています。

この作品も含め6月30日からのPULLMANでの作品展「潤い+」にて展示販売いたします。

coffee shop PULLMAN(プルマン)
住所:豊橋市南小池町157
TEL :0532-46-5199
営業時間:午前9:00~午後6:00
定休日:毎週月曜日・第3火曜日
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studio575.blog21.fc2.com/tb.php/397-909b5463
    この記事へのトラックバック

    最近の記事