FC2ブログ

京都での生活

2006年03月09日 22:18

長い事私のくだらない駄文にお付き合いの方なら覚えている事だと思いますが今日の日記は何度か登場した「女子高生」のその後についてです。

彼女は昨年の今頃、卒業旅行のお土産を持てやってきた。
そして大学に行ったらあれがしたい、これがしたいと来るべき大学生活に夢を膨らませ、キラキラした目で語っていました。

そして昨日。
彼女がふらりとやってきた。
彼女は一年前とは格段に違い垢抜け、子供から大人への成長の後が色濃く前面に現れていました。
ふらりとやってきた彼女は鴨川散歩のすばらしさ、お酒が飲めない彼女が合コンに参加してもオレンジジュースでは乗り遅れてしまうという嘆き、付き合っていた彼氏がボンで祇園に住んでいる事や、その彼が5股くらいかけていたらしいが勇気が無く聞けなかった事や、本屋が夜中の3時過ぎでもやっていること、アメリカンなバイクを買ったことや、生産性の無いアルバイトはいかがなものかなど京都での生活を一年前とは違うキラキラした目で語っていきました。

そんな彼女の「ホントの私デビュー」話を聞いていて私がしゃべった事といえば「ゴムはしろ!」「都会に行き物質的に満たされていない田舎のことを無いということで劣っていると判断しているうちは有ると言う事の半分もつかえないと思うよ」と説教くさい事を言ったりしていました。

そんな説教くさい親父の話を苦も無く聞いている彼女は、満たされた毎日を送っている事からのくる自信に満ちた笑顔で手を振りながら帰っていきました。

残された私に京都発のほんわかした気分を置いていってくれました。
スポンサーサイト



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://studio575.blog21.fc2.com/tb.php/102-f59b2066
    この記事へのトラックバック

    最近の記事