FC2ブログ

溜まっていた木のスプーン

2015年01月22日 22:07

スタジオ575兆国教室およびくらしときめきアカデミーでの受講者のすべての方に製作してもらうのは木のスプーン。

刃物の持ち方や木目のあり方なんかを感じていただくとともにものをつく疎いう事の楽しさ、充足感を得てもらうには最適なので、長いことそういう風にしています。

いろいろ説明してy順序だてて製作してもらうのですが、100の言葉より1回の実演ということで、生徒さんと一緒に作って見せることがあるのですが、完成の一歩前ペーパーがけのものが溜まっていたのでせっかくなので完成まで持っていった。

IMAG0161_convert_20150122213705.jpg

左から 欅 山桜 鬼胡桃 銀杏 米ヒバ

デザイン的には本当のスタンダードで面白みもないけれど入り口としてはこの位の形にしておかないとミスをリカバリーできない。

この中では米ヒバが製作しやすいけれどオイルとの愛称が悪く水分がつくと黒い斑点が出たりするので最後の処理を一考したほうがいい。

スタジオ575ではワークショップとして木のスプーンを製作することができます。
2人からお受けしています。10人以上でしたら出張教室も可能です。
製作時間 2~2.5H


月末28日から改組日展東海展が2月15日まで開催されます。
前売り券あります。ご用命の方はご連絡を。
スポンサーサイト



やっと完成

2015年01月19日 21:35

結構な時間を費やして製作していた欄間的なものがやっと完成した。

IMAG0160_convert_20150119211007.jpg

これで建具屋さんが枠を入れて作品の両サイドに和紙ガラスを入れて完成となります。

久しぶりにこういったものを彫ったので感覚がなかなか戻らず欅ということもあって結構しんどかった。

しんどかったことと言えば、通常こういった欄間みたいなものは彫刻師の仕事としては下の画像までできたら建具屋さんにお任せなのです。

IMAG0012_convert_20150119211054.jpg

この状態から覆輪を残して地板まではつってもらい枠を入れてもらい、こぼしの部分を彫刻師が仕上げ完成ということになるのですが、今回はその建具屋さんの部分も自分でやることになった。

彫刻欄間みたいな特殊な仕事をこの地方の建具屋さんはあまり手がけていない事もあって何件も断られてしまって、頼むのがしんどいとともに怖くなってしまった。

慣れない事をするもんじゃないね。
精度は低いが何とかなったもののあんまり気乗りしない作業だった。

まあ冷静に考えれば必要とされているところに技術と人材が集まるのは当然で、必要とされていない技術は探しても当地では見つからなくて当然なのかもしれないです。

こういった業界に限らず人知れずなくなっていく技術があるの一方で新たな技術が当然生まれているけれど、なくなっていくスピードと生まれるスピードではどちらが早いのか? 何がクールジャパンだよ。アニメ・音楽・アイドル。そんなもんは勝手に広まっているだろう。ピントがずれてるわ。


若干ひがみも含めて、この国の未来を憂いてみました。

遅くなりましたが

2015年01月09日 21:58

今年もよろしくお願いします。

年末から調子の悪かったパソコンが触れば触るほど不機嫌になり、残念ながらご愁傷様になりました。

7年くらいの活躍だったので大往生です。

にゅーマシンはきゅんきゅんに働く。


欄間の枠の加工のできる建具職人がなかなか見つからない。探すのがめんどくさくなってきた。

必要とされていない技術というのは一瞬でなくなってしまうのが必然なんだろうけど寂しいとともに危機感を覚える。

最近の記事