FC2ブログ

手習い

2013年08月07日 22:39

スタジオ575木彫教室に通う生徒さんは年齢層もまちまちで、作りたいものもそれぞれで、指導していると新たな発見があったりしてなかなか興味深い。

atq45h.jpg

生徒さんにとっての記念すべき一作目となる作品については、簡易なものであれば見本を制作してそれを見て作って頂くという事をしている。
レリーフなどは何とかなるのだけれど立体となると途端に途方に暮れてしまう。
最初くらいは悩む時間は少ない方がいいし、運刀もおぼつかない上、
逆目の処理もままならない状況なのに形を想像するというのは正直厳しい。

スタジオ575彫刻教室は「楽しく想いを形に」がもっと卯なので仕方がないですが、
見本が増えてきて邪魔になってくるのが痛い。

カルチャースクールの生徒さんも含めるといい人数になってきたので、
一年に一回位作品発表の場を作ってもいいんじゃないかと本気で考え中。
せっかく作った力作はやっぱり見せたいし、私の評価以外にも同好の意見もあったほうが今後の政策の糧になったりするだろうしね。



sgsgsa4.jpg


神宮の干支の残り半分の材料が届いた。
制作に取り掛かるのは日展の制作が終わる10月後半からになるだろう。

日展の原型も作り始めたし材料も買ったししっかり作りますよ。
材料が高くて予定していた20インチのチェーンソーを購入するのをあきらめたし。

日展の制作と並行して以前参加していたセボネという水上ビルでやるアート系のイベントが今年で10周年ということがあって、久しぶりに出品しようと思う。
最後に参加した時すごくげんなりして、二度と関わるまいと思っていたけれど記念なんでやってみようかと思う。
まあ予定なんですけども。



傍聞き (双葉文庫)傍聞き (双葉文庫)
(2011/09/15)
長岡 弘樹

商品詳細を見る


短編ミステリー。
個人的にミステリーものってあんまり好きじゃないという事を改めて思った。

読書月間もこれでひとまず終了。
なんとなく日展の作品にフィードバックできそうです。






スポンサーサイト



最近の記事