FC2ブログ

第一陣

2012年04月28日 22:25

今年も神宮の干支第一弾を発送。
今年は昨年と比べると形がシンプルなのでサクサク進む。
早め早めに発送して行こう。 年末しんどいんで。

ちょっと時間が空いたので、空いた時間でやってみてというものを作ってみた。

120427_1040~01

消しゴムハンコ。
ちゃちゃっと出来てそれらしいものが出来るので、女性なんかがやるのもうなずける。
実際ハンコ部分は1時間もあればこれくらいのデザインなら余裕。
逆に持ち手の方を作るほうが時間ががかかるくらい。

手軽なのは良いが印章面が広いところはインクのノリが若干悪いのでインクの種類とかつけ方何かを工夫しないと上手く押せないね。


最近睡眠の質が悪く布団の中で悶えていたら腰をひねったか伸ばしたかで鈍痛がする。
腰痛は本当に気をつけないとやばい。



お知らせ 

第12回 GAM展に今年も出品します。

会期5月30日~6月3日
会場 豊田市美術館ギャラリー
入場無料

世の中連休に入りましたがGAM展の制作でもしようかと思うがなかなかいい案はでてこないものです。


スポンサーサイト



男はつらいよ見てない人

2012年04月22日 22:04

多分多くの人が一度は見たことがあるであろう寅さん。
個人的には一度も最後まで観た事がないシリーズなのでまったくピンとこないですが、とりあえず新幹線の安いチケットの弊害か、柴又まで朝一からいってみた。

120421_1000~01

柴又に降りたつとそこには寅さんの銅像が。

よく見ると周りには寅さんっぽい恰好をした初老の人達がいる。
愛されてる感がありまくりで未視聴の自分は肩身が狭い想い。

銅像の先の参道を抜けると産湯をつかった帝釈天。

120421_1004~02

ここは社寺彫刻が大変優秀で一見の価値がある。
制作は大正末期から昭和初期にかけて東京中の彫工が腕をふるった名作で時代も新しい事から見応えは十分。
中でも有名なのは帝釈堂の胴羽目板の法華経の説話を表した欅の彫刻。
今こんな大きな欅なかなか見つからないし、これを作るだけの財力があるところもなかなかないんじゃないかと。 
ちょっとうらやましい。

帝釈天の彫刻を堪能した後、パーティーまで時間があったのでアメ横の立ち呑み屋をはしごしてきた。

土曜日ということもあってか昼をちょっと回ったぐらいなのに結構な人が思いおもいに飲んでいた。

120421_1219~01

120421_1333~01


そんなこんなで東京での用事が終わる。
帰りの新幹線はディズニーランド帰りのカップルが非常に多かった。
楽しさの余韻がまだまだ続いているようで微笑ましい。
そんなカップルの横で疲れてぐったりしている自分の耳にはipodから流れるjunk水曜日が流れていましたとさ。 



日彫展は30日まで開催しています。 その後名古屋にも巡回します。

ブラカズヒロ 三河田原藩邸跡をめぐる。

2012年04月19日 23:45

FBの方ではざっくり紹介した三河田原藩江戸藩邸跡をもう少しちゃんと紹介。

参考サイトはgoogle earthでラムゼ歴史地図を表示、江戸大絵図国立国会図書館
こちらの資料をもとに散策してみました。

まず上屋敷。
東京都千代田区隼町4番
現在の最高裁判所


大きな地図で見る


kamiyasiki2.jpg


kamiyasiki.jpg

kazan.jpg

銅像の裏手にひっそりと崋山の生誕地という案内看板がある。

隣の井伊家と比べると小さいですが現在も三宅坂という名が残っている事はなかなかどうして。

次は中屋敷。
東京都墨田区両国3丁目
JR両国駅東口すぐにある横綱横丁


大きな地図で見る

nakayaiki.jpg

ikoi.jpg


akutagawa.jpg

現在は両国ということもあってちゃんこ屋さんが軒を連ねていてこの横綱通りには立ち呑み屋さんなどがありのん兵衛には嬉しいところ。 横丁の一角には小さなスペースがありサラリーマンの喫煙場所として賑わっていた。
また芥川龍之介が育った場所でもありその案内看板が横丁の出口にかかっていた。
中屋敷についての記述は探してみたがなかった。

最後は下屋敷。
東京都文京区千石3丁目
通称猫股坂下



大きな地図で見る


gokokuji.jpg

nekomata.jpg


 護国寺。桁行7間 梁間 7間の東京最大の木造寺院から不忍通りを駒込に向かっていくと千石3丁目の交差点付近に猫股坂がある。そこにコンクリート製の橋の軸石が残っている。古地図に書かれている猫股橋の場所を示す場所だと思われる。

nekomatahi.jpg


nekomatasaka.jpg

案内板にあるように写真中央にある急な坂が以前の猫股坂の名残がありる。

その坂下に流れていた千川が暗渠化されているであろう場所が下の写真の道。


koisigawa.jpg

状況を色々踏まえたうえで写真左側が田原藩下屋敷跡であろうと推測される。
この下屋敷は三宅友信が「巣鴨の老公」といわれ不遇の時代を過ごした地でもあり御用人であった渡辺崋山ともゆかりが深く、蛮社の獄で捕らわれた際の救済運動の中心であった椿椿山が小石川生まれというのも興味深い。




今回初めて藩邸をまわってみたが三河田原藩は1万2千石の小国ながら城持大名であり結構格の高い役職についていたりしてなかなか稀有な藩なんじゃなかっただろうか。
地元民は渡辺崋山は知っていてもそれ以外はあんまり知らないんじゃかと。自分も含めてだけど。
行政にしろ商工会議所、JC,ライオンズクラブでもいいので中屋敷下屋敷に案内板を設置する運動をしてもらいたいものだと思う。


下屋敷見学の後昔ニュースになっていた「銅御殿」を発見。

単純に金がかかっているのが外観からも分かりその存在感はすばらしい。今じゃなかなか作れない美意識があってかっこいい。 中も見学してみたい。


明後日もまた東京なんで何しようか考え中。
















準備のため

2012年04月16日 20:15

19日から開催される日彫展の陳列要員の為東京へいく。
懇親会が土曜日なので二度手間なのは痛いところ。
今年からまた上野になったので安心する。
光の具合とかどんなもんかわからないので今後の作品の為にもしっかり働いてきます。


その日は泊まって次の日はブラタモリよろしく東京散策してみようかと思う。

42nd日彫展 4月19日~30日

東京都美術館ギャラリーA.B.C 9:30~17:30

御時間ある方はぜひご高覧頂ければ幸いです。

バタバタしてるうちに搬入

2012年04月08日 19:36

土曜日に何とか日彫展の搬入を終えた。

今回の作品は結果として時間を上手に使えず精度の低い感じのものになってしまった。
落ち着いてやればもっとよくなっていただろうに残念だ。

色々な失敗を経て、収穫も多かったけれどもう一つ。よくなる可能性があったのにね。

結局搬入直前まで作業する羽目になり徹夜は本当にしんどい。搬入後は12時間くらい寝た。
結局土曜はなにも出来ずアトリエの掃除が今日になってしまった。

120408_1232~01

日彫展は4月19日~30日まで東京都美術館で開催されます。
招待券あります。興味ある方はお問い合わせください。

最近の記事