FC2ブログ

干割れに辟易する日々

2010年07月27日 23:49

干支の卯がどんなに方策を施そうとも干割れが収まらない。

10個以上割れが出て商品にならない廃棄モノが溜まっていく。
モチベーションが下がりまくり。






そんな中スタジオ575彫刻教室ではなかなか面白い作品が続々完成しています。

app.jpg

以前私が制作した作品を模してご自身の自宅の玄関スペース用に改良した作品。

塗装の下地を作るのに苦心していました。


kutubera.jpg

生徒さんの好きなクラフト系の作家の作品のエッセンスを靴べらに乗せた作品。
当初の図面からだいぶ変わってしまったが上手い事カバーしつつそれらしく仕上げた。
なかなか完成度の高い作品になっています。

思うがまま制作するということは際限がないので逆に難しくなってしまう嫌いがありますが落ち着いて作品に取り組めばおのずと進むべき手順が見えてくるかと思います。



サーラの立体手形の講座締めきり間近

スポンサーサイト



終了しました。

2010年07月26日 22:18

pullmanでの展示も無事終わり残すのは東栄町での展示が9月末までとなっています。

プルマンで作った燕の作品は東栄町の展示も半分過ぎたので少し手をいれてみようかと思っています。

プルマンでの作品展というか展覧会も含め、ほぼDMの類での案内をすることがなく非効率的であるのはわかっているのですが、絵画みたいに作品をDMにのせるにしても写真が難しいし、
写真画像なので家のプリンタで印刷!とはなかなかいかず難しいところです。

そんなやる気があるのかないのかわからない感じですが、ちょこちょこと注文をいただけることがありまして大変うれしく思います。
せっかく出来たご縁なんで精一杯彫らせていただきます。






DMとかちゃんと送ったほうがもっと仕事につながるのかな。

作品集を買った

2010年07月17日 17:30

walter moroderという彫刻家の作品集を買った。


アマゾンのマーケットプレイスで買ったのだけれど新品なのにびっくりするぐらい安く買えた。
新品価格が安くても4000円ぐらいするのに1900円で買えた。
ペーパーバックじゃなくハードカバーでこの値段。 得した。

でもクレジットの請求が来るまでは安心できないかな。

100715_1247~01


作品展@pullman

2010年07月13日 21:26

日曜日に日彫東海展が終わり発表会強化シーズンも今日から25日までのpullmanでの小品の発表だけになりました。

本来なら全て新作と決めてみたかったのですが、残念ながらモチベーションもアイデアも浮かばず。。。
新作として出来たのは燕の作品と六波羅蜜寺の空也上人像を舟越桂的な手法を劣化再生した感じの作品。

tubame.jpg

ブランチがてら鑑賞してみてください。


【coffee shop PULLMAN(プルマン)】
住所:豊橋市南小池町157
TEL :0532-46-5199
営業時間:午前9:00~午後6:00
定休日:毎週月曜日・第3火曜日

会期は25日までです。





2つ前のブログで紹介した辰巳浜子氏の娘さんの辰巳芳子さんと御大が結構な知り合いだと聞かされる。
意外と世の中変な感じでつながっている気がしたが単に御大の交友関係が広いだけなのかも。

明日から

2010年07月06日 22:31

明日から日曜日まで東海日彫展が開催されます。

今日は搬入日で芸文に会場設営にいきました。
期間が短いので来れる方はぜひ。

100706_1352~01


会場には土曜日の昼からいます。

東海日彫展
7月7日~7月11日
愛知芸術文化センター 8F
10時~18時(最終日16時終了)

ちゃんとした食事とおばあちゃん

2010年07月03日 21:53

積み本の中に長い事放置されなかなか読むことが出来なかった本

料理歳時記 (中公文庫)料理歳時記 (中公文庫)
(2002/09)
辰巳 浜子

商品詳細を見る


作者の辰巳浜子さんは明治生まれの日本における料理研究家の草分け的存在で辰巳芳子さんは娘にあたります。

歳時記なので季節ごとの旬の食材を使った料理を紹介しているわけですが、明治生まれのちゃんとした人の文体がとても心地よく、料理の本としての魅力とちゃんとしたおばあちゃん像が文に内包されている感じが抜群にいい。

この本の読み方としては一日一食材分だけ読み進めると一番いいのではと思う。

この本を読んでこの夏食べてみたくなったのは「滝川豆腐」

あんまり頻繁に食べた記憶がないけれど辰巳浜子さんの紹介を反芻しながら食べてみたい。



読んで損なし間違いない。

最近の記事