FC2ブログ

一区切り

2010年06月30日 20:56

火曜日にくらしときめきアカデミーの今クールの講座が終了した。

今回も女性の方々が講習を受けられたのですが、総じて木が堅く結構大変な作業に感じている人が多かった。

実用を考えた場合ある程度の強度と木材の色味感が大事で柔らかいけれど色味の乏しい針葉樹は選択しにくいし、
朴とか桂じゃ愛想ないしなかなか要求に合致する材料が見つからず難儀なものです。

講座の最後に作ったもの

100630_2020~01

木のフォーク。
木のスプーンより簡単かと思っていたけれど木材をフォークでしたので少し硬めにした事が災いし終了時間ギリギリの完成でした。

次クールは単発講座で
「立体手形を作って今を切り取ろう」
をやります。
予想より好評でそこそこ埋まってきているのでお子様がいる方はご早めの検討を。






7月13日くらいからプルマンで作品展示しますよ。
明日から作りますが。


大きな地図で見る


スポンサーサイト



日彫展始まっています@東京

2010年06月24日 22:08

22日に日彫展の陳列のお手伝いをしに東京に行ってきました。

多分日彫展で東京に行くのは初めてでしたがなかなかいい経験が出来たのでは。
先生方が色々検討していい空間を作ろうとする努力には敬服します。

hity2010.jpg

で慰労会で飲んで一泊して上野にある刃物屋さん宗意刃物店へ行って小刀2本と使った事ないけれど両刃の小刀を買ってきた。

100624_1545~01


長い事ここの名前を「ムネイ」と認識していたが正解は「モトイ」ということが判明。
弟子時代にはこの銘の刃物は高くて手がでない印象でした。
兄弟子なんかは雀の涙ほどの給金をやりくりして一寸くらいの箱のみを買ったりしていて、
とてもうらやましく思ったものです。

この年になって私の刃物の中に宗意の刃物が仲間入りしました。
なんかすごくうれしいです。 早く柄をいれて切れ味をみてみたいです。

刃物の購入も終わり雨もひどいし国立科学館は休業中だし思い切って日本人なら一回くらいは行く必要があるのではないかという場所。



靖国神社に行ってみた。



100623_1241~01



雨がひどくて人はほとんどいない。右翼っぽい人もそんなにいなかった。




100623_1252~01



重厚な雰囲気ではあるが新し目の建物なので装飾等なく簡素でて建物自体に面白みはない。

参拝後色々物議をかもしだしている遊就館へ。

元は軍事博物館で入口だけなら自衛隊の浜松広報館的な雰囲気です。

遊就館も含めたいわゆる靖国問題はwikiの靖国神社問題に任すとして個人の率直な感想としては、
良く言う「戦争賛美」といわれるような「賛美」という言葉の意味は個々の主観によって大きく変わるものだということ、
展示内容は漂白された上澄みっぽい傾向にある気がしたが後半にある遺書とか人形などは胸にくるものがあって、
多くの若者の犠牲の上に成り立っている事は忘れてはいけないなと。

右だ左だ色々あるけれど行ってみる価値はありますよ。



7月には日彫展は名古屋に巡回します。招待券差し上げます連絡ください。

新たな修復

2010年06月16日 20:47

前回の獅子の修復に続いて漠の修復を行うことになりました。
みた感じは獅子より幾分か原型を残していて比較的容易に作業できそうです。

100616_2021~01

個の獏鼻を引き取りに行った帰りに初めてケーヨーD2に行って品揃えを確認してみた。カーマよりいい感じがしたけれど個人的には近くに九州地方で展開しているハンズマンがあってくれたらと思う。

干支も予定より遅れているので急がなければならないけれど、小さい猫の雑貨的なものを作ってみた。

小さいので「~ぽさ」を意識して彫ってみた。こだわらなければすぐ彫れるしいい感じ。

100616_2022~01







疲れがとれなさすぎ。

眠い

2010年06月14日 20:07

やるべきことが明確だろうと眠気には勝てない。
少し気が抜けて眠い感覚が継続的に襲ってくる。
明日はちゃんとしよう。

ちゃんとしようと思ったのは昨日のustream での和歌山大学が行っていたはやぶさのライブ中継。

ハヤブサについては以前のブログで紹介したのでそちらを確認してください。

みんな見ましたよね。当然。
自分のもてるだけの力を使って最善の手を尽くす。
それって結構大変だけどそれを遂行することによってなんともいえない高揚感が得られているのを感じ、
モノを作るということに置き換えてみた時にもこういったまっとうな考えが通用するのではないかと。


ustの映像では不鮮明で何んとなくしかわからなかったけれどNASAがいいのを
撮影」してくれていたので見てみてください。




日彫展

2010年06月11日 21:06

6月23日~7月5日にかけて国立新美術館で第40回記念日彫展が行われます。

今日が搬入日で何とか間に合いました。

hitoata.jpg

和装女性の木彫半身像

タイトル「一咫」

着物は帯と帯締めに淡彩を施してみた。着物も彩色してみたけれどポップになりすぎというか余りにも俗っぽい感じがしてので慌てて叩き直した。

招待券が多数あります。興味ある方は連絡を。

夏休みキッズ講座

2010年06月08日 23:24

くらしときめきアカデミーで8月に「立体手形を作って今を切り取ろう」という子供向けの講座を行います。


市井では何が望まれているのかイマイチわからないですが募集早々結構問い合わせがあったそうです。

満席になることはないですけれど興味あるお子様や親御さんは早めに申し込みを。

本物とほぼ同一のものが出来、結構完成度が高いですよ。

くらしときめきアカデミー

接合

2010年06月08日 00:23

100526_1640~01

手水舎の懸魚が納品できた。
デザインとか全く考えないで同じものの制作でしたのであんまりやった感じがしませんでした。

日彫展の作品のすべての接合が終わった。
一日遅れ。

首の長さをどのくらいにしようか悩みすぎて遅れ気味です。

曲線で構成している立体の接合はクランプだとあまり上手く締めれない事が多かったので、
ラチェット式の小さめの荷締め機で試してみた。
調子がいい。

初めての木彫り

2010年06月05日 23:22

今日から新たにスタジオ575彫刻教室のメンバーに加わった方が制作していきました。

教室では要望がなければ最初は木のスプーンを作ってもらうことにしています。

2時間で収まってオイルを塗った途端に売り物っぽい精度がでてくる達成感と用の美の一端に触れることが出来、
逆目や順目の勉強にも最適だと考えています。

スタジオ575彫刻教室は意外と遠方の方もいて恐縮してしまいますが、わざわざ遠方から足を運んでいただくだけの価値のある環境や指導が出来るように努力していきたいです。
月2回はつらいという遠方の方には一回の教室時間を延ばすという形も可能です。
お気軽にご相談ください。



日彫展の制作が佳境に入ってきた。
なかなかいい顔ができそうだ。今んところ。

100605_2258~01


ヘアスタイルが何時もネックになっていて夜会巻きにしようかと思ったけれど上手い事木彫にフィードバック出来んな。
明日中に顔を完成させ本体にパイルダーオンする予定です。

向き合え

2010年06月01日 22:27

日曜日に東栄チェーンソーアート世界大会の審査をしてきました。
チェンソーアートに初めて真剣に向き合うことによって色々考えることもありましたのが、
余りまとまっていないのでもう少し整理してから書き記そうかと思います。




ブラバン (新潮文庫)ブラバン (新潮文庫)
(2009/10/28)
津原 泰水

商品詳細を見る


昔ブラスバンドが青春の大部分だった人やポールが入国拒否された時代にバンドを組んでいた40歳代の人は、
何も障害がなく読めてうらやましいです。

音楽も世代も違う私には面白さの片鱗には触れることはできても深くのめりこむことはできなかったです。
でももう一度読んだら多分一回目よりは確実に面白く感じるでしょう。

最近の記事