FC2ブログ

懐かしい発酵臭

2010年02月25日 21:28

木鼻の修復もゴールが見えてきた。

腐朽菌や虫穴に樹脂である程度埋め残りを錆漆で埋めていきます。

漆を触るのなんて何年振りかな。

チューブから生漆を出すと懐かしき発酵臭。あの甘酸っぱい臭い。


ガラスの練り台も作っていざ練り練り。

100225_1524~01

今回は 水1:生漆1:砥の粉2  備忘録までに。

砥の粉は白や黄じゃなく赤で良かったのか、イマイチわからないがなかなかいい感じにできた。

井波にいた時はこの基本系に緑系の顔料を混ぜた2種類を使って展覧会作品に塗っていた。
効果としては黒2色の色合いとその混色が漆ベースの中で良い表情が出る。
錆はそのままだとマットな感じに仕上がるが半乾きの時柔らかい布で磨くと濡れたような漆独特の光沢が出る。
磨いていないところのマットな感じと濡れ艶を容易に表現できる。

手軽にそこそこ満足できる色になる半面かぶれが怖い。汗をかく夏の時期なんか最悪。


何か思い出しただけで痒くなってきた。

でも表情はやっぱりいい。



ひょんなことから知り合いになった 人形劇団ばんびの上演会があるそうです。

3月2日(火)19:00~20:00
豊橋文化会館 リハーサル室
演目 「なんまいの礼?」

詳しくは人形劇団ばんびまで
スポンサーサイト



いつもとちょっと違う

2010年02月22日 20:50

お客さんからアレンジメントをもらってアトリエに飾っている。

100217_1553~01

ちょっとアトリエの感じが変わったみたいでなんかいい。





春のオルガン (新潮文庫)春のオルガン (新潮文庫)
(2008/06/30)
湯本 香樹実

商品詳細を見る


このブログでは「夏の庭」「ポプラの秋」に続く湯本香樹実氏の作品ですが、二作とはまた違った雰囲気ですが共通するのは読み終わった後の切ない感じ。 
この作品は好き嫌いが分かれるかと思いますが、それは作品の出来ではなく幼少期に考えていたことやその後の経験で分かれるような気がします。

どれからでもいいので3作のうち一冊でも読んで良ければ残りもいけます。
個人的には好きです。

多謝

2010年02月15日 21:38

14日まで開催されていた日展東海展が無事終了しました。
今回中日賞をいただいたことで私を知ってくれた方も以前から知っていた方も会場で知った方
いろんな形がありますがその中で何人ぐらいの方に届いたのでしょうか。

多くの方に何か届いていればうれしいです。

今回の「静謐の森」の制作工程をスライドショーにしてHPのほうにのせてあります。
1分40秒くらいですので軽くみてください。 
後半作品の完成度が不安で写真を残す勇気がなく若干駆け足気味です。

「静謐の森制作工程」 ※音量注意




そんなスライドショーを作ったりしている中久しぶりにCDを買った。
amazonも送料無料キャンペーン中ということでしたのでマキシシングルを買ってみた。


ストーリーストーリー
(2009/10/07)
さかいゆう

商品詳細を見る


この歌い手初めて聞いたのはラジオのスタジオLIVE。
その時の音源がこちら



この曲はユニクロのCMで土岐麻子氏が出演して歌っていた曲。





聞き終わった瞬間にあ~~っていう感嘆の声が出るほど良かったので敬意を込めてCDなんて終わった感のある文化なんですが買いました。


簡単に言うと良い歌い手に出合ったという話です。

次期「木のカトラリーを作ろう」講座@くらしときめきアカデミー

2010年02月13日 21:08

4月からのくらしときめきアカデミーの講座からj開講が夜18:30スタートに移動しました。

内容はこちら

4月13日 20㎝の丸皿を彫る 1
4月27日 20㎝の丸皿を彫る 2
5月11日 20㎝の丸皿を彫る 3 
      バターナイフを彫る 1
5月25日 バターナイフを彫る 2
6月8日  バターナイフを彫る 3
      角豆皿を彫る 1
6月29日 角豆皿を彫る 2

sala-woodcarving.jpg

たくさんのご参加お待ちしています。



井波時代

2010年02月09日 21:58

井波時代の同期の仲間が新聞の記事を見てひょっこりやってきた。

彼は3年ほど修業の後和菓子の修業に移行し3年前位に郷里岡崎に戻って和菓子の店を構えたそうです。

岡崎なんでちょっと行けばすぐ会える距離だけど日々の暮らしに忙殺されてなかなか会うこともなかった。



今度近くに寄ったら行ってみようと思う。
洋菓子店はなかなかハードルが高いが和菓子店なら・・・。

委ねることもたまにはいいか

2010年02月08日 21:16

金曜日の私の拙い解説に耳を傾けて頂いた方ありがとうございます。

もう少し木彫と彫刻の大きな隔たりが木彫家が木彫家たる素材「木」が大きく関係している事とか、
整理して話す事が出来たのならよかったのにと反省しています。
実際自分の中でも上手くまとまっていなくおぼろげな形、肌触りだけなので申し訳なかったです。

もっと自分の作品、木彫とはなどをアカデミックに研究したほうが作品制作にとって有効な気がしています。


そんな変な気分のまま家に帰ることが出来ず、帰り道を一本間違えたので映画を見てみた。

本当はアバターでもとおもっていたけどちょうど始まったところ。仕方なくパラノーマル・アクティビティ。

予算が135万円という格段に安いのにアメリカでは大ヒット。
日本でのプロモーションではビクビク驚く予告編。



予告編の最後のアナウンス 「前代未聞の映画体験」 これは本当。

本編ではあんなに驚くことはない。 まあ女子高生3人組が一列前に座り、一列後ろは高校生カップル。
自分を含めた6人による上映会。

人がいなければそんなに恐怖は増長しないし女子高生がチラチラ確認してくるし正直しんどい。
席が余っているのだから集まってくるな。大人に気を使え、高校生。

この映画は軸を変えて考えると本当にいい感じに優秀です。
でもレイトショーとか朝一で見たほうが不満は起きないと思います。


日展東海展 今週いっぱいです。時間あればどうぞ。

何事も勉強。

2010年02月03日 21:17

やっと片方の木鼻の埋め木が終わった。

反省点はもっとしっかりパラロイド溶液を浸みこませ強固にしておくべき。

100202_1925~01



金曜日は日展の当番なんで平日ですがお時間がある方はぜひ。

最近の記事