FC2ブログ

お知らせ。

2008年06月30日 22:21

8月3日の日曜日に「木のスプーンを作ろう」というワークショップをやろうと思います。



場所       田原市文化会館 アトリエ
時間       14:00~17:00
参加費      2500円  (材料費込)
所要時間    2~3時間

食べることとは生きること。

「食事」

食事には多くの人が気を使い、よりおいしいもの、より安全なものへと労力を惜しまない人が増えてきています。

その反面食べるという行為、所作に対してどれだけ関心があるだろうか。

その行為に欠かせない道具が器であり箸でありフォークでありスプーンであったりします。

その行為をより自分のものにするため。一歩進んだ、生きることへの積極的参加として。

keyaki.jpg


こんな感じなんですけど、参加してみてはどうですか。

問合せ先   
電話 0532-38-1020
メール studio575@gmail.com


インテリアの雑誌を読んでいたら白クマの置物が飾ってあった。
悔しかったqのでマレーバクを作ってみた。

080630_2024~0001





スポンサーサイト



自分も一緒になって

2008年06月23日 22:08

田村はまだか田村はまだか
(2008/02/21)
朝倉 かすみ

商品詳細を見る


同窓会の3次会に集まった40歳の男女が「チャオ」というスナック・バーで集まった男女がタイトル通り田村という人物を待ているときの話。

もともと三田 誠広

いちご同盟 (集英社文庫)いちご同盟 (集英社文庫)
(1991/10/18)
三田 誠広

商品詳細を見る

いちご同盟や、

湯本 香樹実の

夏の庭―The Friends夏の庭―The Friends
(2001/05)
湯本 香樹実

商品詳細を見る

夏の庭

などのいわゆる青春小説というものがすきでして、この「田村はまだか」は小おっさんと小おばさんの青春小説としてかなり面白く読めた。 

青春小説は過去のすっぱい感じを馳せながら読み中年青春小説は来るべき未来に不安とかすかな希望を抱かせながら読むと駄作であろうと自分の気持ちが補完して結構楽しく読めます。

中年青春小説「田村はまだか」読んで損はないです。2・3時間で読めますので。

木製カトラリーセット

2008年06月20日 20:38

ここのところ試行錯誤の真っ只中作っていた木製スプーン。
そのスプーンの価値をちゃんとしたものにしようといろいろ考えた一つの形としてある程度の形になってきた気がする。

450.jpg

スプーンセット 参考価格 5,500円


大人が使う用のスプーン2本と、離乳食用のフィーディングスプーンのセット。
フェルトのケースはブランケットステッチが下手過ぎなんで、何とかしないといけないところですが、結構いい感じだと思います。

フィーディングスプーンは普段使うにはプラスチックみたいに何本も買ってガンガン乱雑に使って食洗器に突っ込んで使うほうがお母さんの手間も省けていいのだと思いますが、生まれて使う食事には天然素材のものを使ってほしいのです。
実際のところ子供にとってはどっちでもいいことですが親としての子育てのビジョンとして、例えエゴだと言われようとも使ってほしい。 そんな思いから製作してみました。

大人用のスプーンはまずその軽さ。 スープやお粥さんなどの熱い食べ物でも熱が伝わりにくく、口当たりが優しい。

あと作った自分が一番驚いたのは使いやすさ。説明できないけれど予定外に使いやすいのです。
使ってみたい方は電話・メールで問い合わせてください。




手芸得意な人いないですかね? 自分じゃ限界がある・・・・。

身近なモチーフ

2008年06月19日 21:25

茗荷を作ってみた。

080619_2055~0001


葱のかわりにそうめんに入れて食べたいです。


夏がすぐそこまでやって来ています。

プロレタリア文学入門書

2008年06月17日 21:30

いま再び脚光を浴びる 蟹工船。

080615_2237~0001


以前読んでみてあんまり共感できなかった記憶があって途中で挫折したのですが、流行に乗ってもう一度挑戦中です。

たぶんまた途中で挫折します。プロレタリア文学ってピンとこないですし。

木地固め

2008年06月09日 20:43

頭部も無事接合して塗装に入っていきます。
まず最初に木地固めをしました。

080609_1729~0001

これをやるとやらないでは材の伸縮がおとなしくなる気がします。


車のミニバン専用タイヤに交換してからあきらかに燃費が良くなっている。
初期装着のタイヤのときは9km/L前後で10km/Lは絶対に届かなかったけれど履き替えてからは12km/Lくらには伸びている。
このままいけば9ヶ月で元が取れる。こう考えたら無駄な出費でもなかったのかな。

接合したり。

2008年06月03日 21:20

胴体を接合しました。

080603_2105~0001


こういう面同士の接着するとき必ず思うのは、一尺削れる手押しカンナ盤ほしいなと。
基本的に鉋扱うの得意じゃないので面をそろえるのもおぼつかないのでどうしても隙間があいてしまう。

聞くところによると仏像の修復ではぴったり接合はしないらしいので隙間の大きさは違えどもよしとしましょうか。




どうでもいいことですが、テレビ放送の中で住宅街の枕詞として「閑静な」と必ずなるのはあまりにもボキャブラリーが足りないのではないかと思ったり思わなかったり。

内刳りしてみた。

2008年06月01日 21:43

6月にある日彫展に出品する木彫作品の内刳りをしてみました。

080601_2126~0001


一木のままと内刳りしたものでは重量はさることながら割れの発生が段違い。
この工法は仏像彫刻発の技法のひとつですが彩色や木目をつぶす感じに仕上げる場合にはめんどくさいけれどやっておくべき行程です。

今回の日彫展は出すか出さないか迷っていたのですが出すべきだと悟られて出すことにしました。
木彫で出したかったので日程的に等身はきついので半身になっています。

最近の記事