FC2ブログ

さくらが咲いた。

2007年03月29日 22:24

         野依八幡社の枝垂れ桜です。

         HI350127.jpg

          

樹齢300年といわれる桜は人の手を介さないと枝を保つ事が出来なくなってしまうほど衰えてきているようですが、齢を重ねた桜はちゃんと見せ場を心得ているようで、見事な花を咲かせて私たちを楽しませてくれています。

また昨今の神社は予算の関係で鉄筋コンクリート造が主流となっており風情というか凛とした佇まいが薄れてきているような気がしますが、この八幡さまは木造で経年変化による味わいが出ていて桜色を一段と華やかなものにしてくれています。

いいものをみせてもらったのと桜の粋な心意気に敬意を評して桜基金に協賛してきました。
いいものを守っていくにはみんなの少しずつの協力は必要だと思うしね。


スポンサーサイト



西洋と東洋と 黎明期にて

2007年03月26日 21:52

日曜日から始まった 企画展「中原悌二郎と岡田虎二郎」
を観て来ました。

結構衝撃的なことです。田原市博物館でこんな彫刻の企画展をするという事に。

日本の西洋彫刻の黎明期に活躍した作家の有名どころの頭像を中心にしている事を差し引いても魅力的な企画展になっています。

残念なのは岡田虎二郎の事を氏が「誤解を招くから記さない」という事が要因ではあるが、もう少し掘り下げ多面的に捉える事が出来るようがんばってもらえていれば、企画展の名に恥じないものだったと思います。

最後にこれだけは見といてそんは無いという作品を

 荻原守衛の「抗夫」はかなりくるものがあります。


会期    2007年3月24日(土)~5月13日(日)
会場 田原市博物館
休館日 毎週月曜日              ※ただし、4月30日は祝日のため開館し、5月1日は休館します。
※3月20日~3月23日までは展示替のため、休館します。

開館時間   午前9時~午後5時 (入館は午後4時30分まで)
観覧料   一般700円(560円)小・中学生無料

http://www.taharamuseum.gr.jp/

卒業式

2007年03月20日 22:13

分団長として公式の行事の締めくくりとなる小学校の卒業式に出席してきました。

             070320_0956~0001.jpg


19年前の私も同じように粛々と式が執り行われているのを経験していたのだと思うと、感慨深いものがありました。

残念なのは卒業生が思い出を順繰りに話していく呼びかけで僕らたちの世代の場合

「6年前、母に手をつながれて校門をくぐった小さな私たちは~~・・~~輝ける光の中で今!!」

「僕たち・私たちは   卒業します!!」

みたいな定型の件があったはずなのにいつの間にか形をかえちゃって。

卒業生が歌う歌は蛍の光が一番だと思うのは単なるノスタルジーからくるものなんでしょうか?


靴を買うという事

2007年03月19日 21:29

新しい靴を買いました。
070319_2052~0001.jpg

実感として自分が靴いたいという衝動に駆られる時というのは、自分の中の社会との在り方というものを見直したいときに買っていると思います。

靴は外に出る時にはくものであり、社会的に自分がどう見られるかの判断の材料であったりします。
女性がヒールの高い靴をセレクトするのも外形的な美しさの為だけではなくヒールという不安定な状況という心理的かつ外形的な華奢な女性らしさを望んでいたり、
自由や解放したい心持の時にはスニーカーやサンダルなどの動きやすい靴をセレクトしたりと、
自覚あるなしに係わらず服飾の中で一番、内面的要素が反映されるものは無いと思います。
そういう代物だからこそ時間をかけて自分にあった靴をさがすのでしょう。

まあなんんといったらいいのか

2007年03月09日 22:18

まあ知事選なんですけど。

浅野史郎さんを勝手に応援する無党派ネットってのがあるんですけどね。
「しがらみの無い弱者の為の政治」の実現というのが大まかな理念のようですが、参加者の名前をみると分かりやすいくらいの左旋回っぷり。  ((試しに何人か検索してみてね))

しがらみありまくりじゃん m9(^Д^)プギャ

薄ら寒いわ。

またご飯

2007年03月03日 13:44

070303_1211~0001.jpg

今度は仕事場から歩いて5分のニューデリーへ。


話は変わって今年から日彫展の開催場所が国立新美術館になり開催時期も4月から6月末に変更になりました。
せっかく上野までの道も把握してきたのに今度は六本木ですか。

会場も変わる事ですので団体としての新しさも求められる事になると、いいのかなと思います。言い方が他人事っぽくて嫌ですが。

最近の記事