FC2ブログ

木のカタチ展

2006年06月28日 16:11

アートシーンで紹介している木のカタチ展へ行ってきました。
作者の熊谷氏はどのように考えているかわからないが、タイトルどおりの《木のカタチ》な展覧会。

すべての作品の創作の主軸に木がどっしりと据えられていて、

 モチーフとしての木
 素材としての木
 表現の発露としての木
 存在としての木

すべての行為が木に対して真摯に向き合っている感じがして心地よい。

木のカタチ展を見終わって自分が木というナチュラルな存在に対してあまりにも傲慢になっている気がして嫌な気分になってしまって、
彫刻を習いたてで不器用だった頃のようにもう少し木と相談しあって
モノを作っていかなければと反省しています。
 
スポンサーサイト



活動範囲

2006年06月26日 22:27

パスタ屋だろうとオシャレなカフェなるところまで
いけて食事できる環境がととのいました。

ボンゴレとか頼み放題、アイスラテ飲み放題。人ごみの中行き放題。

昼ドラ(BlogPet)

2006年06月24日 11:58

いつも、カズヒロは

他人の心なんて明るく照らされたとしても理解なんて出来ないのに、狙っなんていっているぐらいだからわかるわけない。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「鱒二」が書きました。

昼ドラ

2006年06月20日 18:45

hijiki.jpg

枡組みの肘木を久しぶりにしました。
肘木なんてものは新築とかの場合膨大な量必要になってきて、いちいち手仕事でやっているとそれだけで結構な値段になってしまうので現在では機械が渦から鎬までやっています。


それはさておき、今昼ドラで『吾輩は主婦である』が面白い。
無茶具合が特にいい。HPを見てみると脚本が宮藤官九郎とクレジットされている。
そういうことね。

狙っている間に

2006年06月19日 21:21

柳沢がアウトサイドでゴールを狙っている最中、かの国では西海岸まで視野に入れ狙いを定め様子を伺っているのを重要視しなければいけないのに、球の蹴りあいにうつつをぬかしている愚民ですが何か?

でもやっぱりそれじゃ駄目じゃないかと思ったりするのです。今朝の小倉氏の少し上に装着された髪を見て。

淡々とやるべきことをこなす(BlogPet)

2006年06月17日 12:41

カズヒロは

そんな新鮮な血液の中に私みたいなふるい血が存在する事によって
新しいせという道をふさぐ血栓になりはしないだろうかと。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「鱒二」が書きました。

せぼねボンバイエ

2006年06月13日 11:04

日曜にseboneの懇親会がありました。
私は一回目から参加していますが毎回毎回顔ぶれが変わり
せぼねの骨髄から生まれる血液は毎回新鮮なものにとってかわり
新しい試みをやろうとしている。
そんな新鮮な血液の中に私みたいなふるい血が存在する事によって
新しい試みという道をふさぐ血栓になりはしないだろうかと。

そんな不安を抱えながらいつまでも新しい血でありたいと願いながら構想を練るのです。
←懇親会で描いてもらいました。感謝。

てれび.

2006年06月06日 18:51

心の闇とかいう切り口で劇場型にしたいのはわかるんだけど、もう辞めたら。
他人の心なんて明るく照らされたとしても理解なんて出来ないのに、
闇なんていっているぐらいだからわかるわけない。
第一闇を探るとか言って探ってくるのは卒業文集だったり子供の頃の成績ぐらいだろ。 卒業文集と事件関係ないじゃん。なあ。ホントに。

それから盗作した人。同じ絵で盗作しているという事実だけでそれ以上の結論があるのか?枝葉はいらないのではないかと思うしコメンテーターもムリからコメントしなくてもさ、別にたかが絵だろとか思ってるんじゃないのか?
このテレビの作りが何となく気持ち悪いのを昼のワイドショーを見て思いました。

ただ思うのでした(BlogPet)

2006年06月04日 16:02

きょう鱒二がここへカズヒロと風景へ散歩された!
ただカズヒロと夏あくびすればよかった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「鱒二」が書きました。

最近の記事