FC2ブログ

音楽って聞く?

2011年12月23日 21:14

久しぶりにCDを買った。
どれくらいぶりかアマゾンの履歴を見てみたら今年初。
みんなはiTunes とかでダウンロードしてるのかわかんないけど、私的にはまだCDの方が手軽感がある。

ラジオもAM中心だし、あんまり最近の曲もわからず音楽を進んで聞くこともなかったけれど、TVのエンディングにかかっていた曲が気になって久しぶりに買ってみた。




will lovewill love
(2011/11/16)
杉山未紗

商品詳細を見る




JAZZを素地にした作品で年齢的にはこういったものが耳触りもいいし落ち着く。





干支の小バージョンを作った。
気がついた事だが個人的に龍って造形的にあんまり好きじゃないのかも。

そんなことから目先を変えて小バージョンはタツノオトシゴにしてみた。
厳密にいえばシーホースなんで馬なのかもしれないけど辰感は強めなのでいいのではないかと。

            111223_2045~01

h150

仕事納めにはまだ時間があるので要望があれば制作しますよ。
スポンサーサイト



作品集を買った

2010年07月17日 17:30

walter moroderという彫刻家の作品集を買った。


アマゾンのマーケットプレイスで買ったのだけれど新品なのにびっくりするぐらい安く買えた。
新品価格が安くても4000円ぐらいするのに1900円で買えた。
ペーパーバックじゃなくハードカバーでこの値段。 得した。

でもクレジットの請求が来るまでは安心できないかな。

100715_1247~01


全共闘世代の空気

2009年07月20日 21:52

ペトロスの青い影ペトロスの青い影
(1991/08)
三田 誠広

商品詳細を見る


全共闘世代の空気がリアルに感じられない私にはイマイチ全共闘世代と言っている人たちの
全員が哲学者であろうと試みた感じとか理解に苦しむ。

内容は多分作者本人が色濃く投影されている自分と友人とシベリアンハスキーのパスカを中心に40過ぎの現在と全共闘の70年代を交差させて展開していく物語。
死んだ友人が残した別荘のなかで蔵書に囲まれ友人のことを考えたり自分を考えたり、犬がかわいいと思ってみたり、茸を食ってとんでみたり、自分を考えてみたり。。。



この作品は作者の私的な部分が多分に内包されすぎている気がする。

本人としては満足できる作品なんだろうけど、他者である私個人のの感想としては、
いろいろ自問を人生の折り返しまでやってきても結局のところパスカというハスキー犬が大好きという、犬好きのための小説。
全共闘世代の空気(講堂の中・外)を感じるためなら読む価値はある。もちろん犬好きもね。

荒れ果てた畑使えるようにする為

2009年07月09日 22:11

夜の公園 (中公文庫)夜の公園 (中公文庫)
(2009/04)
川上 弘美

商品詳細を見る


自分の荒れ果てた畑を使えるようにする為に言葉収集を行おうと思い立った。

第一弾としてのセレクトとしてはふさわしくなかった。
もっと言葉が集まって形を成してから触れなければいけないような作品でした。


恋愛小説の体は成しているけれどそういうスタンスで読む感じではいけないんだろうと思う。

内容としては不倫をし合う男女四人を中心に据えた小説ではあるが恋愛の諸々ちょっと外側が何なのかということを考えるのにはちょうどいい感じです。
川上弘美のやわらかい言葉と夜の公園を想像させる静ひつな世界は心地よい。

恋愛小説として読まなければ、フィルタリングしたりしなければかなり面白いと思います。


残念ながら自分には時期尚早でした。

石野田奈津代

2009年01月16日 21:41

再メジャーデビューするらしいです。



仕事中に聞くラジオもAMやネットラジオが中心で今の音楽事情に疎くなってきてめっきりCDも買わなくなった昨今、このニュースを目にできたことは結構なレアケースです。



 「温度」

当時は独立する直前で仕事も日彫展の製作も込み合っていて睡眠時間が3時間とかいう無茶な感じで制作プランを立ててい製作していた。
深夜めちゃめちゃ寒い木材倉庫の一角で眠気と闘いながら制作しているヘッドホンからはCDを変える暇ももったいないと思えるほどあせっていたのもあり、この曲ばかりが流れ続けていた。

その後彼女がどんな活動をしていたかわからなかったですけど再デビューするのは素直に嬉しい。


CD探して聞いてみよう。
こういうことがあるからCDや本って捨てなくてよかったと思う。

最近の記事